不動産を売却する時にかかる税金を知りたいならココ

つみき

家のサービスを上手に利用

熊野町で不動産を利用する時に大切な事は、様々な会社のサービス内容をしっかり確認することです。例えば見積もりを無料で行ったり自宅にいながらおすすめの物件を内覧できるたりします。会社によってサービス内容が変わるので比較すると失敗を防げます。

ウーマン

問題の物件を避けるには

事故物件は、過去に事故や事件がその物件で起きたことを言います。東京は人の出入りが多いため、事故物件の数は少なくありません。このような物件に気づかずに入居してしまう前に、自ら問い合わせを行うか、疑いを持っておく必要があります。

別荘

使いたい時だけ使える

石垣島へレジャーに訪れるのなら、現地の貸別荘を利用しましょう。何日間か滞在するにしても、団体で滞在するにしても、とても効率的です。まず、石垣島の不動産サイトを活用し、貸別荘を探してみましょう。どんな設備が整っているのか確認することも大切です。

計画的で公平な売買のため

住宅模型

おおよその税額を計算

不動産の売却時には、税金の支払いが必要となります。しかしその税金は、税務署から請求されるのではなく、売却時の諸費用として支払うことになります。具体的には、印紙税や抵当権抹消登記における免許税の支払いが必要となるのですが、印紙税に関しては、印紙を購入してから売買契約書などに貼り付けます。免許税に関しては、登記所で必要書類を提出する際に支払うのです。売却のサポートを仲介業者に依頼した場合には、それぞれの税金がその仲介業者に請求されることになります。不動産を売却した後にも税金の支払いが必要となるのですが、これに関しては税務署から請求されます。ただし、売却することで一定額以上の利益が出た場合にのみ、所得が増えたということで、譲渡所得税が請求されるのです。利益が出なかった場合には、所得が増えたことにはならないため、請求されません。譲渡所得税は、売却する不動産にもよりますが、譲渡所得の15〜30%となっています。売却後に課税されるので、支払いのために手元にはそのお金を残しておく必要があります。そのため昨今では、売却前におおよその税額を計算する仲介業者が増えてきています。こういった仲介業者にサポートを依頼することで、より計画的に不動産売却を進めていくことが可能となるのです。また、不動産を購入した側との固定資産税の清算をおこなう仲介業者もあります。売り手と買い手のそれぞれが、1年のうち何ヶ月不動産を所有することになるのかを計算した上で、清算するのです。より公平な売買となることから、こういった仲介業者も注目されています。